運気を上げるために知っておくべき神社とお寺の差!そういえば知らない神社とお寺の違い。

はろー!ちぷら(@chocorisuichi)です!

いつもちょこぷらすをご覧いただきありがとうございます!

あなたは神社やお寺にどんな理由で行きますか?

  • 観光のついでにあそこのお寺に行ってみる?
  • 恋愛の神さまがいる神社に行くと恋が叶うって!
  • 今年ことは昇級したい!神頼みしに行くか!
ちなみに私は
  • 夫との子供がほしくて妊活してるので、子供が授かれる神社に行きたい!
  • 家や子供…これからたくさんお金がかかるので貯金したいお金ほしい!金運上がる神社いこう!
です(笑)

今や御朱印もブームですし、御朱印集めに神社やお寺に行く方も多いと思います。

でもでも!
神社とお寺って何が違うか知ってます?
私もお恥ずかしながら知りませんでした…。
なので、これから私と一緒に学んで運気上げていきましょう!

神社とお寺の違いって?

違いその① 神様の違い

神社は“八百万の神様”でお寺は“外国の神様”

神社の神様は【八百万(やおよろず)の神様】

宗教は“神道(しんとう)”

天皇や皇室祖先神(こうしつそせんしん)を祀って(まつって)います。

とはいってもピンとこないってあなた…この名前は聞き覚えがあるでしょう…

伊勢神宮で有名な“天照大御神(あまてらすおおみかみ)”は皇室祖先神です!

ざっくり言うと天皇の祖先を祀っているのが神社です。

ちなみに神社で儀式などを行うのが神主さん巫女さんです。

お寺の神様は【中国・インドなど(外国)の神様】

宗教は“仏教”

仏教は約1500年前(飛鳥時代)に中国やインドなどから日本に伝わって来た宗教です。

仏様とか仏教とか馴染み深いし、歴史も長いですけど、実は知らなかった人もいるのでは?

長い歴史を経て仏教は徐々に広まって、日本仏教として変化し信仰されるようになったわけです。

ちなみにお寺で修行者としているのが、僧侶住職(お坊さん)尼さんです。

ちぷら

祀られてる対象の違いは知っておかないと失礼ですよね!
八百万の神様も仏様も個性があるので、どんな神様かは参拝する前に調べとくのがGOODですね!




違いその③ 格式の違い

神社は“格式がある”でお寺は“格式がない

神社やお寺にそれぞれ名称がついてますよね?

神社なら
伊勢神宮(三重県伊勢市)、出雲大社(島根県出雲市)、厳島神社(広島県廿日市市:はつかいちし)など…

お寺なら
浅草(東京都台東区)、平等(京都府宇治市)、川越大師:喜多(埼玉県川越市)など…

なんで同じ神社やお寺なのに呼び方が違うんだろう?
それはとっても簡単なことでした!

格式が違うんです!!(神社のみ)

【〇〇神宮>〇〇大社>〇〇神社の順で格式が違います。

社号って?
神宮、大社、神社などの呼び名のことを言います。

どう違うかというと…

格式がとても高い

〇〇神宮皇室とゆかりの深い由緒のある神社につけられる社号です。皇室祖先神を祀ってあるかどうかが基準となっています。

  • 伊勢神宮(三重県伊勢市)
  • 明治神宮(東京都渋谷区)
  • 近江神宮(滋賀県大津市)
ここで豆知識!
明治神宮、熱田神宮、平安神宮など神宮の社号がついている神社がたくさんありますが、【神宮】とは【伊勢神宮】のことなんです。
会話例文:「この前(伊勢)神宮行ってさー」「(伊勢)神宮楽しかったー?」
こんな感じです!
他の神社とは別格の証ですね…!

格式が高い

〇〇:〇〇神宮同様に天皇や皇室にまつわる人物や歴史上の人物を祀っている神社の社号です。

  • 日光東照宮(栃木県日光市)
  • 鎌倉宮(神奈川県鎌倉市)
  • 大阪天満宮(大阪府大阪市)

〇〇大神宮伊勢神宮の分霊が奉納されている神社の社号です。

  • 開成山大神宮(福島県郡山市)
  • 東京大神宮(東京都千代田区)
  • 新開大神宮(熊本県熊本市)
ここで豆知識!
〇〇大神宮というのは“東京大神宮”だけの特別な社号ではないのです。
〇〇大神宮は東京以外にもいくつか存在します。
祀られている神様は【天照大御神】もしくは【豊受大御神(とようけおおみかみ)】のどちらかか両方です。
伊勢神宮の神様が分霊されて奉納されてる理由から“大神宮”と呼ばれるわけですね!

〇〇大社:全国にある神社の総本社などにつけられる社号です。

  • 富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)
  • 出雲大社(島根県出雲市)
  • 春日大社(奈良県奈良市)
ここで豆知識!

もともとは“出雲大社のみ”に使われていた社号でしたが、明治以降に崇敬(あがめうやまうこと)を集める格式の高い神社で使われるようになりました。

一般的な神社

〇〇神社一般的な神社の社号です。

  • 厳島神社(広島県廿日市市)
  • 賀茂神社(京都府京都市)
  • 氷川神社(埼玉県さいたま市)

〇〇:神社の略称で小さな神社の社号です。
※同じ名前の“社”が多いので省略させていただきます。

例外もたくさんあるので、絶対とは言い切れません(汗)
それに格式の違いで「ここはご利益がない」という考えは持ってほしくありません。
あくまで知識としてですよ?

ちぷら

あなたを一番に守ってくれてるのは“地元の神社の神様”なんですから!

ちぷら

さて、お寺は格式はないので飛ばします。
待って待って!お寺にも【〇〇、〇〇、〇〇大師とか色々呼び名があるじゃない!

えいま

ちぷら

あ、なんでかを説明しないとですよね!ごめんなさい!

呼び名はあるんですけど、どれも意味は同じなんです。
もともとお寺の正式名称は「〇〇山〇〇院〇〇寺」なんです。
長いですよね?
諸説ありますが、特徴をよく表してるところをピックアップしてるので、〇〇寺でも〇〇院でも意味は同じ=格式の違いはない ということになるんです。



違いその② 建物の違い

神社は“鳥居がある”でお寺は“山門がある

神社にある建物

  • 鳥居(神様の世界と人が住む世界の境界)
  • 本殿(御神体が祀られていて見ることはできない)
  • 拝殿(お賽銭や鐘を鳴らしたらり参拝をするところ)
  • 参道(神社に参拝するための道)
  • 手水舎(手や口を清めるところ)
など

鳥居を見れば、「あ、ここは神社だな」と大体の人がわかると思います!

普段あなたが参拝するところは実は“拝殿”って知ってました?

本殿はその奥にあるのですが、これが神社によって様々であったりなかったりするみたいです(笑)
その本殿に御神体が祀られてますが、見ることができません。
なぜなら、人に見えるものではないからです!!

神様ですからね(笑)

お寺の仏像のように具現化されていれば、見れるんでしょうけど…
見れないものを見る必要がないというわけですね!

お寺にある建物

  • 山門(仏教寺院の正門)
  • 本堂(信仰対象の仏像などを安置する建物)
  • 僧堂(僧侶が生活し修行するための建物)
  • 参道(寺院に参拝するための道)
  • 手水場(手や口を清めるところ)
など

何気なく通ってる入口ですが“山門”って名前があるんですよ?

私も初めて知りました(笑)
いつも参拝してるのがお寺は本堂です。
神々しい仏像を拝むことができるのが魅力ですよね!

参拝方法を学んでご利益を受けましょう!参拝の仕方の違い

神社の参拝の仕方をお寺でもやられてる方がいます。

それはちょっと恥ずかしいので…
それぞれ正しい参拝方法を知ってしっかりとご利益を受けましょう!

神社の参拝方法

  1. 鳥居の前で一礼します
  2. 手水舎で手や口を清めます
  3. 拝殿にお賽銭をし、納め鈴があれば鳴らします
  4. 二礼ニ拍手一礼をして終わり(礼は深く、拍手は神様に届くくらい大きくがポイントです!)
注意
神社によってはその神社の参拝方法があるので気を付けましょう!
例えば、出雲大社は2礼4拍手1礼が正しい参拝方法なのです。

お寺の参拝方法

  1. 山門の前で一礼します
  2. 手水舎で手や口を清めます
  3. 香炉(本堂の前に置いてあるお香)があれば、線香の煙を体につけて身を清めます
  4. 本堂にお賽銭をし、鐘があれば鳴らします
  5. 合掌(手のひらを合わせる)をして、一礼(拍手はしません)
お願い事について…

神社もお寺も自分都合なお願い事はNGです。
誓いや宣言ですので、間違っても「お金が欲しい!」「彼氏欲しい!」っていうお願いはしないように…

「お金を稼ぐために〇〇します!」「彼氏作るために〇〇します!」とか
〇〇を得るために●●します!という誓い・宣言をしましょう!

そうしたら神様方も「よし、協力してあげよう!」と力を貸してくださると思います!

あなたに良いご利益がありますように…

日本文化を感じられるスポットとして定番のお寺と神社。

実は知らなかったこと、多かったんじゃないでしょうか?

ここまで読んできたことを踏まえて、神社やお寺へ参拝しましょう!

違いを知って礼儀をわきまえて、お願い事をすればお力添えをしていただけることでしょう!

良いご利益がありますように…

ここまで読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください