映画【嘘を愛する女】嘘に隠された切ない真実を知った後も、恋人を愛せる?愛せない?

はろー!ちぷら(@chocorisuichi)です!

 

今回は

嘘を愛する女(邦画)G

です。

2018年、

あなたの

『愛』の概念が

覆る

知り尽くしていたはずの
愛する人の素性が全て嘘だったら…?

全てを失った果てに知る、本物の愛を描いた
新たなラブストーリー

≪あらすじ≫

その姿は世の女性が憧れる理想像。

食品メーカーに勤め、

業界の第一線を走るキャリアウーマン・

川原由加利(長澤まさみ)は、研修医で

面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と

同棲5年目を迎えていた。

ある日、由加利が自宅で桔平の帰りを待っていると、

突然警官が訪ねてくる。

 

『一体、彼は誰ですか?』

 

くも膜下出血で倒れ意識を失った

ところを発見された桔平。

なんと、彼の所持していた

運転免許証、医師免許証は、

すべて偽造されたもので、

職業はおろか名前すらも「嘘」

という事実が判明したのだった。

騙され続けていたことへのショックと

「彼が何者なのか」という疑問を

ぬぐえない由加利は、意を決して

私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)と

助手のキム(DAIGO)を頼ることに。

調査中、桔平のことを”先生”と呼ぶ謎の

女子大生・心葉(川栄李奈)が現れ、桔平と

過ごした時間、そして自分の生活にさえ

疑心暗鬼になる由加利…。

やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも

及ぶ書きかけの小説が見つかる。

そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、

幸せな家族の姿が書かれていたのだった。

海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかである

ことを知った由加利は、桔平の秘密を追うことに…。

なぜ桔平は全てを偽り、由加利を

騙さなければならなかったのか?

そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける

「名もなき男」の正体に、たどり着くことができるのか…。

これは実話に基づく物語

 

 

≪キャスト(敬称略)≫

 

川原 由加利:長澤 まさみ

小出 桔平:高橋 一生

木村:DAIGO

心葉:川栄 李奈

海原 匠:吉田 鋼太郎

 

 

 

≪感想とネタバレ≫

この映画の評価
嘘に隠された真実の切なさ
(4.0)
嘘を愛する女
(2.0)
愛の概念が変わる
(2.0)
少しずつ分かる過去にドキドキ
(3.0)
総合評価
(2.5)

 

『嘘を愛する女』かぁ…

タイトルと内容が
あってないように感じました。

”嘘とわかっていて愛してます。”
ではなくて、
”嘘だと知らずに愛してました。”
というストーリーだったので
そこに矛盾…。

主人公の女性
川原由加利はキャリアウーマン
世の働く女性の憧れ

そんな彼女の恋人は
研修医、将来医者になる
ハイスペック
そんな彼がくも膜下出血で倒れ
偽名を使っていた事実が発覚

結婚も考えていたのに?

2人が過ごす背景はとても
幸せそうでしたが、
ときより
彼に対して都合のいいように
扱ってるような
そんな印象…

仕事第一のキャリアウーマン
だったので、
まるで第一線で働く男性を
見てるようでした。

嘘をついていた=騙された

私ならそのまま縁切りしちゃいますね。
新しい恋を探さないと
5年もロスしてしまったんだから…!

でも由加利は
「このままじゃ怒りが収まらない!
正体を暴いてやる!」
という勢いで探偵:海原に調査を依頼

プライドが許せなかったんだと思います。

彼のことを調べてる間に
仕事を忘れ、
トップの座を友人に取られてしまい
ヤケになって彼を探しに行く姿は
なんだか見てられなかったです。

結局自分都合で他人を振り回す
はた迷惑な女性

「5年もお前と暮らしてた男の気がしれない!」
という海原のセリフに共感しました。

でも、やっぱり愛なんでしょうね
彼女だからこそ
彼の真実
家族がいたこと
家族を失ったことを
知ることができたと思います。

それを受け入れて
彼を愛していく決心がついたシーン

「あなたとやりたいことが
まだまだたくさんあるの」

病室で思いのたけを眠ってる桔平に
ぶつけるシーンはジーンと
なりました。

冒頭でタイトルがちょっと
矛盾してないかと
書きましたが、
実は
”嘘を知ったうえで私は彼を愛していきます”
というエンドを
表現していたのかな…?

そんなような気もしてきました。

最後は2人で未来を歩いていく
そんな描写もなくふわっと
ぼかしていたので、
ちょっと未来ある描写が
欲しかったなあと思いました。

あと、ゴスロリ女子心葉ちゃん
あの子がものすごい
キーマンになるんじゃないか!
と思ってたのですが、
ただの恋心を寄せる女の子で
桔平とは「出会い系で出会った」と…

そのあたりも
もう少しひも解いてほしかったなあ…

予告の印象と
違ったなあというのが
一番でしたね(笑)

ここまで読んでくださってありがとうございます!

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください