【new】夫婦ブログ始めました!モーニングとパワスポ巡りはこちらに移動しました!

映画【アトミック・ブロンド(R15+)】美しすぎる最強の女スパイ!シャーリーズ姐さん出番です!

はろー!ちぷら(@chocorisuichi)です!

 

美しすぎる女スパイ、現る

「女007が誕生した」SCREEEN CRUSH

「彼女はヤバすぎる」Rolling Stone

「この映画には、今世紀最高のアクションシーンがある」CBR.com

など世界的高評価の

アトミック・ブロンド(R15+)

見てきました!

R15+の壁を越えました!

≪あらすじ≫

 

1989年、東西冷戦末期のベルリン。

世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が

記載されたリストが奪われた。

イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント

【ローレン・ブロートン】に

リスト奪還を命じる。

ベルリンに潜入中のエージェント

【デヴィット・パーシヴァル】とタッグを組み

任務を遂行するローレン。

彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の

二重スパイ”サッチェル”を見つけ出すという

もう一つのミッションがあった。

リストを狙いベルリンに集結する世界各国のスパイ。

誰が見方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、

ローレンと世界の運命は?

≪キャスト(敬称略)≫

ロレーン・ブロートン : シャーリーズ・セロン

デヴィッド・パーシヴァル -:ジェームズ・マカヴォイ

スパイグラス :エディ・マーサン

エメット・カーツフェルド :ジョン・グッドマン

エリック・グレイ :トビー・ジョーンズ

C :ジェームズ・フォークナー

デルフィーヌ・ラサール: ソフィア・ブテラ

メルケル – ビル・スカルスガルド

ジェームズ・ガスコイン :サム・ハーグレイブ

時計屋 :ティル・シュヴァイガー



≪感想≫

この映画の評価
アクションの生々しさ
(5.0)
目をつぶる怖さ
(1.0)
敵か味方かわからなくなる
(4.0)
80年代ナンバーとの相性
(5.0)
総合評価
(4.0)

R15+と表記がありますが、残虐なシーンはなく

性的な描写があるためだと思います。

 

ブロンドの美しすぎるエージェントが

殴るわ、蹴るわ、撃つわ、で

戦い方もとてもリアルです。

潜入と脱出、そして接近戦のプロ

 

彼女の持ち味は拳で殴るだけではなく、

ハイヒールや、冷蔵庫の扉、鍋など手近な道具を凶器

したり、飛び蹴りで敵を階段から突き落としたり

力に頼らない、女性ならではのアイディアに溢れています。

息遣いやリアルな戦い方に注目していただきたいです!

 

 

ストーリー序盤から、激しいカーアクションや乱闘が次々と

目に飛び込んできます!

誰が見方で誰が敵なのかわからない状況下で戦い、

探る精神はさすがエージェント

スパイ同士の攻防戦で私はすっかり混乱してしまいました。

 

 

ボロボロで血まみれになりながらも、相手が倒れるまで戦う姿は圧巻です。

生々しいアクションシーンは多々ありますが、

鮮烈な映像と共に盛り上げるが80年代のヒットナンバーです!

≪楽曲情報≫

楽曲と映像が合わさって、より一層高揚感が増すので
見所の一つであります!

 

たくさんのスパイ映画がありますが、

この作品は新しいスパイ映画の

一つと言っても過言ではないと思います!

 

女性でも抵抗なく見られると思いますので、

ぜひビデオオンデマンドでご覧ください!

ここまで読んでくださってありがとうございます!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください