映画館スタッフが教える映画の基本とルール

はろー!ちぷら(@chocorisuichi)です!

今日はわたくし、映画館スタッフのちぷらが

教える映画の基本と素朴な疑問を解決!

見たい映画を見つけた!映画館に久しぶりに行くなあ
けど、久しぶりすぎて映画ってどんな感じだったっけ?

その疑問にお答えしましょう!

映画を見るには

【チケット料金を払いましょう】

  • 一般(大人):1800
  • 大学生:1500(学生証)
  • 高校生:1000(学生証)
  • 中学生:1000(学生証)
  • 小学生:1000
  • 幼児(3歳〜):1000
  • シニア:1100(年齢確認)
  • 障害者:1000円(障害者手帳)

だいたいの映画館がこのように料金が決まっています。
映画って高い…
小さい頃から1000円で見てたので、

値上がりしたのか!?って最初は思ってました(笑)

なぜ1800円もするの?という理由は

下の方でお話します。
高校生あたりから映画館によっては

1500円だったり、幼児が900円だったりします。
稀ですので、この値段で覚えてもらえればOKです。

※チケットを買った後に
「やっぱり見るのやめた!お金返して!」
返金することはできないので、気をつけて下さいね。

注意!チケットを買う時の落とし穴!
学生さんは基本的に学生証を提示しないと、

学生価格にならないので注意が必要です。
シニアも同様で年齢の確認できる

免許証や保険証を持参してください。
障害者の方は障害者手帳をお願いします。
「見ればわかるだろ!」

というお客様がいますが、見た目で判断できません。
それとこれとは関係なく、なにかあったときのために

身分がわかるものは持っておくべきだと思います…。

チケットを買ったら座席を指定しましょう

映画を見るときは基本的に指定席で席を選びますよね?
決めた席に座るのがルールです。
たまに

「そこで見にくいなら席変わるからいいわ」

というお客様。

移動した席がほかのお客様の指定席かも
とか
わざわざ隣のいない席を指定したのに、なぜ隣に移動してくるのか
とか
周りのお客様とのトラブルになりかねるので、

指定した席にはキチンと座ってください。

見やすい席ってどのあたりなの?
チケット売り場のスタッフに聞いてみてください!
劇場によっても傾斜の角度

全然違うので、

いつもこの辺で見てるからといっても
他の映画館では結構前の方だったりします!
私はよく聞かれるので、

「スクリーンに対してど真ん中はここですよ!」
とお伝えしてます!

なおかつ、前後左右に

他のお客様がいない席でお取りしてます!
混んでる最新映画や土日は難しいかもですが、

基本的に被らないように席をとるようにしてますよ!

チケットを受け取ったら、いざスクリーンへ!

【映画を見るときのマナー 再確認!】

⑴携帯電話の電源を切りましょう。

これ人数が少なければ見てもいいと

思ってる方もいるのでしょうか?
意外とクレームで多いです。
この前映画を見たときは、

電話のコール音が30秒くらい響いていて、
あげく電話に出て「今映画見てるから後でねー」って
正直「えっ?」って思いました。
すぐにスタッフに伝えて注意をしてもらいました。

もし、そんな人を見かけたら
スタッフまで声をかけてくださいね!

⑵他店からの飲食物の持ち込みは禁止

「だって、映画館の高いし…」

確かに高いです。
映画館の利益ってそこから出てるようなものですしね。

だからといって、
ご自身で持ち込んだ食べ物や飲み物で
体調を崩したりしても、
映画館では責任を負うことができません。

また他店の飲食物の匂いや音が
周りのお客様へのご迷惑となるので
(ポテトチップスの袋の音とか
ペットボトルの炭酸を開ける音とか)
ご遠慮下さいませ。

⑶劇場内ではお静かに…

もちろんコメディー映画で静かに!
ってことではありませんよ?(笑)

むしろ笑って下さい!

自宅でテレビにツッコムレベルの
おしゃべりはご遠慮くださいませ。

⑷映画の撮影・録音は禁止

犯罪です。

万が一怪しい方がいたら、
スタッフまでお知らせください!

⑸前の座席は蹴らないようにお願いします。

足が長いからといって、
蹴っていいルールはありません。

お子さんにもご協力お願いします。

 

以上を踏まえて

気持ちよく映画を楽しんでいただきたい

思います!



映画を見る時の注意点

映画の区分

映画を見るときに、

映画の区分というものがあるのをご存知ですか?

よくある、R15とかR18のことがそうです。

  • G(General 一般):誰でも見れます
  • PG12(Parental Guidance 親の指導):小学生には助言・指導が必要
  • R15+(Restricted 制限される):15歳以上が見れる 年齢確認必須
  • R18+(Restricted 制限される):18歳以上が見れる 年齢確認必須
フライヤーとか公式HPとか
上映スケジュールとかにちっちゃく載ってます。
海外のホラー映画とかに規制がかかることが多いですね。

PG12も12歳以下が見ることはできますが、
ショッキングな映像とかを観たときに親御さんの
お子さんへのフォローは大丈夫かどうかを
確認しますので、ご協力下さいませ。

またR15は15歳以上、R18は18歳以上ですので、
お誕生日を過ぎてたらオッケーですよ!

赤ちゃん連れてるけど、映画は見られるの?

3歳未満入場可能作品は劇場に

よって決まっているので、確認が必要です。
お父さん、お母さんも見たい映画が
あるかもしれませんが…

3歳未満のお子さんが
いらっしゃる方は申し訳ありません。
お客様同士のトラブルを未然に防ぐためです。

入場可能な作品でしたら席自体は
指定席なので、席に座る場合は有料1000円
ただし、お膝の上は無料です。

劇場によっては、未就学児を連れた
親御様用の映画も上映されてます。
音響を普段より下げて、自由席だったり、
赤ちゃんが泣いても大丈夫です。
お近くの劇場に問い合わせてみてくださいね!

深夜の青少年入場規制というものがあるんですよ!

23時以降に終了予定作品は
18歳未満は保護者同伴でも条例で
決まっているのでNGです。
(22:59まではOKです、セーフってやつです)

映画についてプチ情報!素朴な疑問を解決!

上映スケジュールはいつわかるの?

劇場によって多少日付の

ズレがあるとは思いますが、
だいたい水曜日に
その週の土曜日から翌週の金曜日までの

スケジュールが発表されます。
【例】
12月6日(水)に12月9日(土)〜12月15日(金)
までのスケジュールが出ます。
インターネットでは(水)に日付が切り替わった
劇場ではオープンしたらチラシが置いてあるので、
確認してみてください。

1ヶ月に公開する映画の数ってどれくらいなの?

具体的な数ははっきりしませんが、

だいたい月に10本前後です。
夏休みや冬休み、春休みなどは

13本くらいとお休みの期間が

長いほど多い印象です。

座席チケットを前もって買うことは出来るの?

上映スケジュールが発表されていれば

前もって買うことができます!

注意
当日体調が悪くなってキャンセル・返金してほしい
やっぱり座席の変更をしたい
は受け付けていませんので注意です。

見たい映画が決まってるなら前売り券を買うべし!

見たい映画が決まっていて、

前売り券が発売されるなら買った方が

安く見ることができます。
だいたい価格は決まっています。

大人が1400円
小人(中学生まで)800円
です。

チケットによっては
小人が高校生までだったり、
価格が900円だったりするので、
固定ではないです。

特典があればなおラッキーですね。

注意
前売り券によっては、

買った劇場と同じ劇場でしか使えないものもあります。
たとえば、TOHOシネマで買った前売り券でも

全国券であれば、どこの劇場でも使えますが、

TOHOシネマでしか使えない券だと

109シネマやユナイテッドシネマでは

使えませんので、注意してくださいね。

プレゼントがマンネリ化…。そんな時はシネマギフトを選んでみて!

映画館によって種類は違いますが、

映画1本無料券だったり
5000円分のQUOカード

ようなタイプもあります。
期限があるものがほとんどだと
思いますので、そこだけ注意してくださいね。

映画館で働く前は全く知らなかったんですが、
私はシネマギフト”あり”だと思います。
義父が映画が好きなので、お誕生日にプレゼント
しました!



なんで1800円も映画代がかかるの?

アメリカとかヨーロッパとか
世界の映画ビジネスでは

  1. 政策:映画を作る人(映画製作会社やプロダクションなど)
  2. 配給:映画を配る人(映画配給会社、映画宣伝会社など)
  3. 興行:見せる人(映画館)

それぞれ独立していて、

世界の興行会社は独自に公開する

映画の料金を設定することができるんですが、
日本の配給会社の場合は、

映画公開初週の売り上げの約7割を

配給会社に支払うことがはっきり文字で

書き示されているので興行会社は立場が弱いのです。
なので、価格を低く設定できないのです。

ちなみに1800円の内訳
興行会社:1800円の50%の900円から

スタッフの人件費、設備代、電気代、家賃などを支払って
それを引いた残りが映画館の利益となります。

配給会社:1800円の50%の900円から

宣伝広告費、スポンサーへの配当金を引いた
差額と配給手数料(20%)が利益

とされています。

興行会社(映画館)はお客様に

たくさんの映画を見て欲しくて
ポイントカードのシステムや

サービスデーをつくって映画を公開しています!
頑張ってます!

まずはお客さんにたくさん足を

運んでもらわなくては話になりませんからね。

いろんなイベントも行ってますので、

お近くの映画館のHPをチェック!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

映画館で働き始めて知ったことが

多かったので、書いてみました!

これであなたの疑問が少し

解決できればうれしいです。

これはどうなの?ってことがあれば

どしどしコメントください!

ここまで読んでくださってありがとうございます!

 

コメントを残す