映画館スタッフがおススメする2018年2月公開の映画!

はろー!ちぷら(@chocorisuichi)です(*´▽`*)

 

1月編に続き、2月もご紹介しますよー!

2月1日(木)不能犯(邦画)PG12

不能犯(邦画)PG12

愚かだね、人間はー。

≪あらすじ≫

 

都会のど真ん中で、次々と

起きる変死事件。

現場では、必ず黒いスーツの男が

目撃される。

男の名は、宇相吹正

電話ボックスに殺人依頼を残すと、

願いを叶えてくれる男だ。

ただし、依頼人の殺意が純粋でないと

怖ろしい事態を招くという。

さらに、宇相吹はすべてのターゲットを

一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、

その死因は病死や自殺、事故に見えるため

絶対に捕まることはない。

そう、彼は≪不能犯≫なのだ。

「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に

燃える多田友子と部下の百々瀬。

捜査の過程で、多田だけが唯一、

宇相吹が支配することができない

相手だと判明する。

やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と

宇相吹の事件が繋がり、

壮大な事件へと発展していく。

果たして多田は宇相吹を止められるのか?

そして宇相吹の真の目的とは…?

≪キャスト(敬称略)≫

宇相吹 正(うそぶきただし):松阪 桃李

多田 友子:沢尻 エリカ

百々瀬 麻雄:新田 真剣佑

川端 タケル:間宮 祥太郎

赤井 芳樹:テット・ワダ

若松 亮平:菅谷 哲也

前川 夏海:岡崎 紗絵

木村 優:真野 恵奈菜

羽根田 健:忍足 修吾

木島 功:水上 剣星

羽根田 桃香:水上 京香

櫻井 俊雄:今野 浩喜

西 冴子:堀田 茜

夢原 理沙:芦屋 星

夜目 美冬:矢田 亜希子

河津村 宏:安田 顕

鳥森 広志:小林 稔侍

原作は宮月新さん・作画は神崎裕也さん
『グランドジャンプ』(集英社)にて、
2013年10号より連載がスタートした人気漫画です。

不能犯とは?
≪思い込み≫や≪マインドコントロール≫で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為。そのため、たとえ相手が死んでも罪には問われない。

上映開始5分、あなたの心はもう支配されている…

新感覚スリラーエンターテインメント!

松阪桃李さんで最近のユリゴコロといい

狂気的な役柄のイメージも定着しつつあるのではないでしょうか!

ニタァって音が付きそうな笑いが
ゾクッとしますね。

スリラーエンターテインメントは
紙で指を何度も切るような
心苦しさとか息苦しさを感じますが、
目を離せなくなるのが魅力ですね…。

 


にてdTVオリジナルドラマを配信中!

今、なんと1話無料視聴できます…!
映画自体PG12の作品になるので、
視聴の際は予告を観てからにしてくださいね。
リストカットなどの描写等が入る可能性があります。
下のバナーからどうぞ!


※docomoユーザー以外でも登録可能です!

2月3日(土)羊の木(邦画)G

羊の木(邦画)G 

信じるか 疑うか

≪あらすじ≫

さびれた港町、魚深(うおぶか)に

移住してきた互いに見知らぬ男女6人。

市役所職員の月末(つきすえ)は、

彼らの受け入れを命じられた。

一見普通に見える彼らは、何かがおかしい。

やがて月末は驚愕の事実を知る。

「彼らは全員、元殺人犯」

それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が

進む町で受け入れる、国家極秘の

プロジェクトだった。

そして、港で発生した死亡事件を

きっかけに、月末の同級生・文(あや)をも

巻き込み、町の人々と6人の感情が

交錯し始めるー。

 

≪キャスト(敬称略)≫

月末 一:錦戸 亮

石田 文:木村 文乃

杉山 勝志:北村 一輝

太田 理江子:優香

栗本 清美:市川 実日子

福元 宏喜:水澤 紳吾

大野 克美:田中 泯

宮越 一郎:松田 龍平

 

「羊の木」とは
かつて栄えた港町、魚深。
その浜辺に流れ着いた缶のフタには、不思議な「羊の木」の画が描かれていたー。
※「羊の木」…西洋につたわる伝説の植物。

こちらはヒューマン・サスペンスです。

予告を観る限り、PG12ではないのかと
思ってしまうくらい不安な余韻を残してくれますね…

仮釈放で受刑者たちを街に放ち、社会に慣れさせる
しかも元殺人犯。
そして、国家極秘プロジェクト。

恐怖ですね。

しかしながら、興味深いストーリーです…

 

2月10日(土)今夜、ロマンス劇場で(邦画)G

今夜、ロマンス劇場で(邦画)G

運命なんて飛び越えて、

私はあなたに逢いに行く。

映画監督を素目見る青年・健司が

密かに思いを寄せるのは、

通い慣れた映画館・ロマンス劇場の

映写室で見つけた古いモノクロ映画の

お姫様・美雪。

今は誰も見なくなったその映画を、

毎日のようにくり返し見ていた健司の前に、

ある日奇跡が起きる。

美雪が健司の前に突然現れたのだ。

その日から2人の不思議な同居生活が

始まった。

モノクロの世界しか知らない美雪に

カラフルな現実世界を案内する健司。

同じ時間を過ごす中で、

2人は次第に惹かれあっていく。

しかし、美雪にはある秘密があった。

現実の世界に来るための代償で、

人のぬくもりに触れたら美雪は

消えてしまうのだ。

そんな中、美雪は映画会社の

社長令嬢・塔子が健司に思いを

寄せていることを知る。

好きだから触れたい、でも触れられない…。

この切ない真実に2人はどう向き合い、

どんな答えを出すのかー。

 

 

 

≪キャスト(敬称略)≫

美雪:綾瀬 はるか

牧野 健司:坂口 健太郎

成瀬 塔子:本田 翼

俊藤 龍之介:北村 一輝

山中 伸太郎:中尾 明慶

本田 正:柄本 明

吉川 天音:石橋 杏奈

病室の老人:加藤 剛

 

切ないラブストーリー…
しかし、王道

どういう物語展開をしてくれるのか
楽しみですね!

主題歌は
ラブソングのプリンセス
シェネル「奇跡」

歌と映像で切なくて
胸がキュッとなります。

2月16日(金)グレイテスト・ショーマン(洋画)G、リバーズ・エッジ(邦画)R15

グレイテスト・ショーマン(洋画)G 

夢が、踊りだす。

≪あらすじ≫

妻と二人の娘を幸せにすることを

願うバーナムは、オンリーワンの

個性を待つ人々にスポットライトを当てた、

誰も観たことがない華やかなショーを

思いつく。

世界中の観客を楽しませるため

イギリスへ渡ったバーナムは、

女王に謁見。

そこで出会った奇跡の声を持つ

美貌のオペラ歌手ジェニー・リンドと共に

アメリカに戻り、

全米を魅了するショーを繰り広げ、

名士の仲間入りを果たす。

だが、彼の行く手には、

これまで築き上げてきたものを

すべて失いかねない波乱が

待ち受けていた。

≪キャスト(敬称略)≫

P・T・バーナム:ヒュー・ジャックマン

フィリップ・カーライル:ザック・エフロン

チャリティ・バーナム:ミシェル・ウィルアムズ

ジェニー・リンド:レベッカ・ファーガソン

アニー・ウィーラー:ゼンデイヤ

 

どん底に落ちても
愛と夢に生きたエンターテイナー

アカデミー賞受賞作
『ラ・ラ・ランド』チームの
最新作!!

 

今まで誰も見たことのないショー
観客は理解できないだろう、
このグレイテストなショーを見るまでは…

 

”普通”とは少し違う

今まで隠れて生きてきた

でも

This is Me これがわたし

 

うぅっ…予告で感動しました(涙)

 

これがわたしなのよ
って胸を堂々と言えますか?

私は自信がないです。

そんな私やあなたに向けての
歌でもあるのかもしれませんよ?

背中を押された気分になります。

これを観るのがとっても楽しみです!

 

なんとあの豊美丘高校ダンス部とコラボした
動画があります!

圧巻のダンスですね!
大好きです!

制服姿を見ると、
「あぁ、ほんとに女子高生なんだ」
と再確認します(笑)

映画とは関係ないですが、
バブリーなダンスも載せておきますね!

 

リバーズ・エッジ(邦画)R15+

平坦な戦場で、

僕らは孤独になる。

≪あらすじ≫

 

若草ハルナは、彼氏の観音崎が

いじめる山田を助けたことを

きっかけに、夜の河原へ誘われ

放置された≪死体≫を目にする。

「これを見ると勇気が出るんだ」

という山田に絶句するハルナ。

さらに、宝物として死体の存在を共有している

という後輩でモデルのこずえが現れ、

3人は決して恋愛には発展しない特異な

友情で結ばれていく。

ゲイであることを隠し、街では売春をする山田、

そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ、

暴力の衝動を抑えられない観音崎、

大量の食糧を口にしては吐くこずえ、

観音崎と体の関係を重ねるハルナの友人ルミ。

閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、

それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。

そうした彼らの愛増や孤独に巻き込まれ、

強くあろうとするハルナもまた、

何物にも執着がモテない空虚さを抱えていた。

そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたと

いう報せを、山田から受ける…。

≪キャスト(敬称略)≫

若草 ハルナ:二階堂 ふみ

山田 一郎:吉沢 亮

田島 カンナ:森川 葵

観音崎:上杉 柊平

吉川 こずえ:SUMIRE

小山 ルミ:土居 志央梨

 

「若草さん、今晩ヒマ?
僕の秘密の宝物、教えてあげる」

 

繰り返されるリアルなセックスと暴力、
日常を生きることの違和感といった、
若者たちの心の揺らぎを描いてきた岡崎京子さん。

岡崎京子さんといえば

  • pink
  • 東京ガールズブラボー
  • ヘルタースケルター

で有名ですね!

今作の監督は最近では
ナラタージュで知られたのでは
ないでしょうか?
行定 勲監督です。

予告を観るとなんだか衝撃的です。

映倫区分もR15+なので
強い性愛描写があります。

それ以上にちょっとショッキングな
映像もあるかもしれませんね…。

 

終わりに

以上が2018年2月注目作品でした!

気になる作品はありましたか?

映画を見るなら安く!

auシネマ割についてと
映画を安く見る方法について
詳しく書きましたので
ぜひご覧ください!

auシネマ割で映画をもっと安く!お得に損なく映画を楽しもう!
映画館スタッフが教える映画を安く見る方法!各映画館を比較してみました!

 

あけまして、なので
ちょっと落ち着いた作品が
多いですかね?

グレイテスト・ショーマンが
とてもとても楽しみです!

 

ではでは!楽しい映画ライフを!


動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

1 Comment

コメントを残す