映画【DESTINY 鎌倉ものがたり】ファンタジー要素がありながら、夫婦の愛・絆を描いた感動作品!大切な人と見てほしい。

はろー!ちぷら(@chocorisuichi)です!

 

今回は

DESTINY 鎌倉ものがたり(邦画) 

です!

監督・脚本は

『ALWAYS三丁目の夕日』『永遠の0』

『STAND BY ME ドラえもん』

手がけた【山崎 貴】さん

大変注目された作品です。

≪あらすじ≫

鎌倉に暮らすミステリー作家

一色正和(堺雅人)のもとに嫁いだ

年若い妻・亜紀子(高畑充希)は

その生活に驚くばかり。

道を歩けば、魔物や幽霊、妖怪や

仏様、死神(安藤サクラ)までも

現れるのだ。

どうやらここ鎌倉は、

人と人ならざるものたちが

仲良く暮らす街らしい。

 

本業の小説執筆に加え、鎌倉署の

捜査にも協力する夫・正和は

そのうえ、鉄道模型収集や

熱帯魚やら多趣味でもあり忙しい。

そんな一色家には、実年齢130歳?

の家政婦・キン(中村玉緒)、

腐れ縁の編集担当・本田(堤真一)、

果ては貧乏神(田中泯)が居座るなど

個性豊かな面々が次々現れ騒がしい日々。

亜紀子の理想とはちょっと違うけれど、

楽しい新婚生活が始まった。

 

しかし、正和には亜紀子に

隠していた秘密があった。

その秘密が原因で正和は結婚に

疑問を感じて生きてきたようだ。

正和はなぜ亜紀子を見初めたのだろうか?

 

ある日、病に倒れた正和が目を覚ますと

亜紀子の姿が消えていた。

夫への愛に溢れた手紙を残してー。

なんと亜紀子は不慮の事故で

亡くなっており、黄泉の国(あの世)に

旅立っていたのだった。

失って初めて気づく妻・亜紀子への愛。

正和は亜紀子の命を取り戻すため、

一人黄泉の国へ向かう決意をする。

そこで彼を待っていたのは、

亜紀子を黄泉に連れ去った魔物たちと

あの人の姿…。

一色夫婦の命をかけた運命が、

今動き出す。

≪キャスト(敬称略)≫

一色 正和:堺 雅人

一色 亜紀子:高畑 充希

本田:堤 真一

本田 里子:市川 実日子

キン:中村 玉緒

貧乏神:田中 泯

死神:安藤 サクラ

天頭鬼(声:古田新太)

大仏署長:國村 隼

川原刑事:大倉 孝二

稲荷刑事:要 潤

恐山刑事:神戸 浩

甲滝 五四郎:三浦 友和

一色 絵美子:鶴田 真由

瀬戸 優子:吉行 和子

優子の旦那:橋爪 功

女将:薬師丸 ひろ子

ヒロシ:ムロツヨシ

 

 

 

≪感想とネタバレ≫

この映画の評価
夫婦愛・絆に感動
(4.0)
ドラマチックさ
(3.0)
リアルとファンタジーが混ざった世界感
(3.0)
大切な人をもっと大事にしたくなる
(4.0)
総合評価
(3.5)

 

夫と共に見てまいりました!

泣きました。

夫婦の絆を主に描いた物語で、
最初は夫婦のほのぼのとした雰囲気で

  • 正和の趣味部屋について金銭感覚を正してほしいと叱る亜紀子 とか
  • 締め切り近くて頭ガシガシ掻いてしまう正和 とか
  • 魔物のマツタケを食べてしまって幽体離脱しちゃう正和と亜紀子 とか
  • 死神と「最近死にかけましたね!」
なんて言い合える
コメディーチックな2人のやり取りに
ほっこりした気持ちになりました。

 

夫婦の絆も様々…

ある夫婦は夫より先に死んでしまった妻が
「夫を残してあの世へ行けない」
幽霊として夫に寄り添う妻

 

また、死んでもなお妻や子供を支えたい夫
魔物に転身し見守る姿を見せてくれます。

 

夫婦というあり方、あんな夫婦に
なりたい。

そう思うはずです。

 

それもつかの間、ある魔物の手によって
亜紀子は身体から魂が抜け出てしまった。

それを正和に言えず数日。

霊体の亜紀子が実体化するためには
生命エネルギーが必要。

それを正和から吸収していたため(自動的に)
正和が弱り、病に倒れてしまった。

床にふせる正和を見て
「愛する人の顔を見てるんです」という亜紀子
その目には涙。

”この人を残してあの世へ行きたくない。

でも、私がここにいる限りこの人は苦しんでしまう”

苦渋の決断です。
私もそうしたと思う。
けれど、残された方の苦しみもわかる。

 

突如、亜紀子を失った正和の気持ちを
置き換えたかのように涙が

急に夫を置いて旅立たなくてはならない
亜紀子の気持ちになり、これも涙。

 

でも、これは仕組まれたことだった。

天頭鬼という魔物が亜紀子をひどく執着している。

亜紀子の身体も見つかり、亜紀子を取り戻しに
黄泉の国へ向かう正和。

 

”あの世”、”三途の川”、”黄泉の国”

イメージがガラリと変わります。

「黄泉の国は見る人にとって姿を変える」

そういう説明が劇中に入ります。

私たちが劇中に見る黄泉の国は
正和が見た黄泉の国

私が見る黄泉の国はどんな世界なんだろう
ワクワクさせる言葉でした。

 

ここで、今まで落としてきた伏線の
回収です。

劇中に”天頭鬼と戦い姫を守る武士の姿”

ものがいくつか出てきます。

一色家の納戸に置いてある”掛け軸”

妖怪の市場で売ってる”お盆”

貧乏神が持っていた”小さな置物”

「お前たちは何度も何度も転生しては結ばれて…!」

なんてセリフを天頭鬼が吐き捨てます。

2人はどんな困難があろうと出会い結ばれていた。

 

亜紀子は黄泉の国へ行く前に
手紙を書き残しています。

「もしも、生まれ変わりというものがあるならば

次もまた先生の奥さんになりたいと願っています。」

2人の絆の深さが、信頼が、愛が
そうさせるのでしょうか?

 

 

失って気づく、大切なもの。

離れて気づく、愛しい人。

いつの間にか過ぎる、何気ない日常を

大切にしなければ、後悔してしまう

日々忙しく過ごす中で

そう思うことは意識していても難しい

けれど、一日を終えて

一息ついて、振り返ってほしい

あなたの大切な人はすぐそばに

いることを。

 

 

 

この映画の余韻をぜひこの曲で感じてください。

【主題歌】

「あなた」宇多田ヒカル

宇多田ヒカルさんのコメント

資料として大まかなあらすじは

頂いたんですが、

ストーリーの世界観を

もっと知りたくて

、原作を数巻購入して読みました。

この世とあの世が当然のように

交差する古都鎌倉の不思議、

どのような環境でも

そこに住めばそれが

日常になるということ、

大切にしたい人と

信頼関係を少しずつ築いていくプロセス、

そして「悟り」とは真逆のことだけれど、

死んでも手放せないほど

この世のなにかに執着することの

人間らしさに共感して、

自分の死後を想像して「あなた」を

制作しました。

一つの普遍的な愛の形として、

母親目線から音楽的表現をしたのは

この歌が初めてになります。

 

この曲を聴くと

多くは望まない、あなたさえいれば

と根本的に大切なものを

改めて認識させてくれました。

 

愛する人、大切な家族、兄弟、親友

大切な人と見ていただきたいなと

思います。

【夏と冬】auシネマ割で映画をもっと安く!お得に映画を楽しもう! 映画館スタッフが教える映画を安く見る方法!各映画館を比較してみました!



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.