映画【ネイビーシールズ】スマートな作戦遂行。水中シーンのハラハラ感とグッとくるラスト。

はろー!ちぷら(@chocorisuichi)です!

 

今回は
ネイビーシールズ(洋画)G
です!

どんな風にド派手にやってくれるんでしょう!?

わくわく

≪あらすじ≫

1995年、紛争末期のサラエボ。

強引活大胆な戦略で敵の将軍を拉致、

敵に囲まれたら戦車で大暴走と

やりたい放題のマット率いる5人の

ネイビーシールズ。

上官のレヴィン少将も手を焼く毎日。

そんな中、メンバーの一人が恋に落ちた

ウェイトレスから聞いた、湖に沈んだ

ナチスの金塊・総額3億ドルの話。

それさえあれば、戦争に苦しむ避難民を

救うことができると懇願され、

5人も作戦を立てることに。

タイムリミットはわずか8時間。

敵陣真っただ中にある湖の推進45mの湖底から

重さ27トンの金塊をどう運び出すのか?

彼らのとんでもない気策とは!?

史上最強のアウトサイダーたちが挑む、

前代未聞の奪還作戦、ついに始動!

≪キャスト(敬称略)≫

マット・バーンズ:サリマン・ステイプルトン

スタントン・ベイカー:チャーリー・ビューリー

ララ・シミッチ:シルヴィア・フークス

ベン・モラン:ジョシュア・ヘンリー

カート・ダッフィー:ディアミット・マルタ

ジャクソンン・ポーター:ディミトリー・レオニダス

ジム・レイニー:ユエン・ブレムナー

ジェイコブ・レヴィン少将:J.K.シモンズ

 

 

 

≪感想とネタバレ≫

この映画の評価
ド派手にやろうぜ!
(2.0)
水中シーンにハラハラ
(3.0)
キャラクターの個性度
(3.0)
実際の海軍のリアリティを感じだ
(3.0)
総合評価
(3.0)

まあまあ迫力ありました!

序盤の無鉄砲に見えて
無理だと判断し、瞬時に
次の作戦へ切り替える
判断力の高さ観てて感心しました。

本題の金塊を回収するシーン
水深45mあるせいか映像が暗いのが
続きます。

そして、ものすごく順調に進むので
スリルをそれほど感じませんでした。

でも、水深45mの世界での
ドキドキした時間との戦い
暗さのせいでハラハラ感
煽られましたね!

ちょっと見にくかったですけど(笑)

ただ、回収中に敵がいち早く気づき、
水中で危うし!って場面を想像してましたし、
作戦を確実にこなしてるので、
派手さを感じられなかったです。

メインシーンなのになあ…

金塊も敵に奪われることなく
ネイビーシールズの見方のヘリに
親玉が撃たれてあっさり死んでしまうし…

もっと陸海空軍をフルに使って
ドンパチを想像してました(笑)
予告からそう捉えたんですけどね?

ただ、ストーリーとしては
民間人を救う、正義感のある海軍兵
という感じで、見やすい印象がありました。

キャラクターも個性がわかりやすくて
思わずクスッとしてしまう5人組ですが、
もう少し、5人を強調できるような
シーンがあるとより一層
のめりこめそうな感じが
したんですけど…

もうひと押し!という映画だったかな?
と思いました。

でも、ラストはちょっとグッと
くるシーンもあったので、
評価は☆3にしました!

見やすい作品ではあると思うので、
機会があれば、ぜひご覧ください(^▽^)

良ければこちらもご覧ください
映画館を比較してみました!

コメントを残す